カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
70Km/Hで衝突すると
2007年08月14日(火) 21:56
 先日、地元の東名高速道路にて悲惨な追突事故がありました。
渋滞で停車中の乗用車に、70km/Hで走行中の観光バスがノーブレーキで
追突したようです。

 家族で海水浴に行く途中と報道されていましたが、後部座席の方は
亡くなってしまいました。人ごとではなく、なんともやりきれない気分です。

 この状況がどれほどの衝撃か物理的に検証すると
1/2mv*2=mgh より、なんと19.3メートルの高さから10tほどのかたまりが落ちて
ぶつかることに相当します。

 いくら衝撃吸収ボディーといっても、ひとたまりもありません。

 先日、某メーカーの高級乗用車の安全装備が世界初と発表されていました。
それは、バンバーに人がぶつかったことを検知すると、ボンネットを少し浮かせて
人がボンネットにぶつかる衝撃を和らげる物でした。

 これよりも、後部の障害物の距離と接近速度をミリ波レーダーにて感知して
危険な時は、警報音を鳴らす装備の方が必要であると思います。
 安全装備のこだわりところに温度差があるようです。

 P.S. 今では標準装備となったエアーバックですが、最初に発案したのは
   日本の小堀氏らしいです。時代がその発想に合わずに
   採用されず、気がつけば、海外に先を越されていたようです。
   小堀氏は、特許にて開発費を賄うこともできず、
   エアーバックの実用化を知らないでこの世を去ったとは...
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | ↑top
<<5分刈りは最高 | こだわりのススメ | 5日間の持久戦>>
この記事へのコメント
後部の障害物の距離と接近速度を感知できる警報装置ができればいいと思いますね。狭い道路を通る時横にある障害物を察知して警報できる車、バックで車庫入れの時にカーナビにバックが映る車とバックする時に障害物を察知して警報がでる車はありますよねー。きっとそのうちにできるのではないでしょうか。。。
2007年08月19日(日) 21:10 | URL | ha ha ha #-[ 内容変更]

 確かに、便利な警報機能が身近になりつつありますね。ほんとうに悲惨な事故はなくなって欲しいです。
 
 先日、恥ずかしながら初めて免許証の色がゴールドになりました。今後はこの色にもこだわります!
2007年08月20日(月) 00:22 | URL | 鉄人です #i/Urw1Fw[ 内容変更]

ロシアで人気の中国製自動車「チェリー・アシュレット?(うろ覚え^_^;)」の衝突テストを見ましたが、確実に命はないって思いました。

それに比べてカローラの衝突テストを見ると、エアーバックは出るし、運転席は潰れずに形が残ってるのを見て、なんだかε-(´∇`●)ホッとしましたヨ。

そういや日産の新型車すべてに燃費の表示計を今後搭載するってゆうてましたねぇ。
平均燃費だけでなく、運転中の瞬間の燃費も表示するそうで、これで燃費の改善が望めるって・・・。
どうなんでしょ?見ながらそれぞれの運転のクセを反省するんでしょうかねぇ。ミナサン.+゚*。(o´∇`*).+゚*。:゚+
2007年08月24日(金) 20:07 | URL | ミーシャママ #-[ 内容変更]

 車体フレームの設計などのノウハウは一朝一夕ではないということですね。

 自分が少年の頃、made in USAは憧れでしたが、今ではmade in JAPANは信頼の証です 。
 このベースには、ものつくりの技術が原点になっていると思います。
頑張って子供たちに伝えていきたいです。

 燃料消費率の表示を全車種に搭載とは、知りませんでした。省エネ運転が身に付く良い装備であると思います。
 「おもいっきり走って燃費が良い」車が理想です。
 
 
2007年08月26日(日) 23:16 | URL | 鉄人です #i/Urw1Fw[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。