カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
3gの竹トンボ
2007年08月08日(水) 23:43
 まるごと体験ワールドにて製作した竹トンボの重さです。
羽と棒を組み合わせただけのシンプルなものですが、
竹トンボがこれほど奥が深いとは...

 羽全体はできるだけ薄く削り軽量化します。遠心力を回転に生かすため
中心部の幅は狭くし、外側は広く厚めにして重みを付けます。

 羽をひねる角度は40度、この調整はなかなか難しいです。
羽が焦げないようにアルミ泊で覆って、ロウソクの火であぶりながらひねります。
 ひねり方向は、右利きか左利きかによって違うので注意が必要です。

 最後に羽の中心に直径2.4㎜の穴をあけ、左右の重心のバランス取りをして
棒である竹ヒゴを垂直に差し込みます。
 バランスがでていれば、瞬間接着剤で固定しますが、このバランス取りが
こだわりところです。

 完成品は写真の左側ですが、驚くほど見事に舞い上がります。
5-6メートルは普通です。

 P.S. 写真の右は100円ショップで買った物ですが、重さが9gもあり
  全然飛びません。子供達が買うことを思うと非常に残念です。
  こんなにすばらしい竹トンボなのに。
                       bamboo

別窓 | DIY | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
<<5日間の持久戦 | こだわりのススメ | 9代目 玉屋庄兵衛氏>>
この記事へのコメント
竹トンボを作る時には、先ず、小刀を研いで(自己流)羽の薄さと角度、これにこだわって作りましたが、子供時代の話やから、そんなに深く考えたりしなかったデス。

竹って、いろんな遊び道具になりましたねぇ。
冬にはスキーの板代わり(ひもで足にくくりつけるだけだけど)竹馬とか。
田舎の祖母のとこにいると、なぁんにも物が無くって、遊びも食べることも工夫しました。

そうそう、ポイントが溜まったので欲しかった無線LANを手にいれました。
セキュリティと接続の設定も以前に比べて簡単になってきたみたいだったので・・・。
でも家族には「こんな狭いとこで、必要あるん?」って言われますが、コード一本ないって楽ですヨ。
他にポイントの使い道がないしねぇ。
2007年08月11日(土) 00:58 | URL | ミーシャママ #-[ 内容変更]

 竹スキーの経験はないですが、竹馬は父親に作ってもらいました。また乗りたくなりました。
 今の時期は、流しそうめんでしょうか。

 無線LAN、便利でスマート。ノートパソコンがより快適に使えますね。
 昨年末、PLC(Power Line Communications)が発売されましたが、そろそろ購入を検討しています。家のガレージが電波が届きにくいので考えています。
2007年08月14日(火) 00:39 | URL | 鉄人です #i/Urw1Fw[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。