カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
2つのリミットスイッチ
2007年07月31日(火) 20:51
 修理中のディムラーのパワーウィンドウに使われていました。

 どんな役目をしているかというと、
ひとつが、窓の上昇端の検知、もうひとつが下降端の検知をしています。
 仕組みは、写真のようにモーターからの動力を駆動するチェーンの
一部にドグと呼ばれる凸部が2箇所に付いています。
このドグがそれぞれの位置にくると、B接点であるリミットスイッチの
接点が離れてモーターへの電気が切断されて止まります。

 これならば、マイコンを使ってモーターを制御しなくても問題なく
上下できます。
 さらに、モーターの制御にはリレーが使われていますから
スイッチの接点も劣化しにくく、小型化できます。

 50年以上も前から、現在の技術の基本となんら変わらない機構が
使われていたことに感動です。

 しかし、既に飛行機は戦闘機なども飛んでいたことを考えると、車に使われても
不思議はないですね。

 P.S. 当時のこだわりの技術者と話がしてみたいです。

 注.) B接点とは、一般のスイッチはA接点と呼ばれ、スイッチを入れると
  電気が流れ、切ると切断されます。
   ところが、B接点のスイッチは、スイッチを入れると電気が切れ、
  スイッチを切ると電気が流れるという逆の動作をします。
                          パワーウィンドウ

別窓 | 修理 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
<<2台のロボットのインターロック | こだわりのススメ | 30Aの管型ヒューズ>>
この記事へのコメント
ワタシの初めて買った車は、今はもう作ってない日産のチェリーでした。モチロン、中古で買って、パワーウィンドウなんてムリをさせるために、バッテリー屋さんを紹介してもろて、相談にのってもらったりして、一番愛着のある車でした。
あの頃はヒューズの替えをいつも持って走ってましたねぇ。
タイヤの位置交換なんて、真面目に自分でやってたし、パンクしてもタイヤ持ち上げる元気もあったしネ(*´∇`*)

若い頃だったら、ブースターをぶら下げて立ってたり、ジャッキもって車の下にあててたりしたら、色んな車の男の人が声かけてくれてたけど、今じゃ、通り過ぎるだろうなぁ~(  ̄_ ̄)ボー
2007年08月01日(水) 16:27 | URL | ミーシャママ #-[ 内容変更]

 日産チェリー、今でも乗っている人が愛知県にいます。A型というよく回るエンジンを積んだ個性的な車でしたね。
 メンテナンスや修理までご自分でされるとはすばらしいです!

 今でも、助けてくれると思います!
 
2007年08月01日(水) 20:51 | URL | 管理人改め鉄人です #i/Urw1Fw[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。