カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
96Vのバッテリー
2007年07月05日(木) 23:59
 製作中のミニEVの搭載バッテリーです。
電動フォークリフト等に使われるディープサイクルバッテリー(12V)を8個
直列につないで96Vを得ています。

 バッテリーの搭載位置は重量バランスの関係上、後部座席を取り払い
その場所に置くことにしました。
 
 充電時に発生するガス(酸素や水素)が室内にこもらないように密閉構造とし、
そのガスが車外に自然放出される排気口も設けました。

 電圧を何ボルトにするか、容量はどうするかが、こだわりところです。
容量を大きくすると航続距離は延びますが、重量と大きさは非常に大きくなって
しまいます。

 P.S. バッテリー充電器は自分で作りました。家庭用のAC100Vをそのまま
   ブリッジ整流して約120Vの脈流が得られます。
    平滑の電解コンデンサは、相手がおおきなコンデンサですから
   無くても良いですが、ジャンク品がありましたので取り付けました。
    電圧の調整は、一次側をインバータ装置にて調整することにより行います。

 注.)ディープサイクルバッテリーとは、
  充電と放電を繰り返す用途に用いられる高耐久性バッテリーで、
  サイクルサービスバッテリーとも呼ばれ、深放電時のダメージに強いバッテリーの
  ことを言います。

       バッテリケース   バッテリ内部

別窓 | コンバートEV | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<5Sの世界 | こだわりのススメ | 3:00 a.m.蚊の襲来>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。