カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
4本のボルトで位置決め
2007年06月20日(水) 23:55
 車のドアを修理、交換中のできごとです。
トヨタのスターレットのドアですが、交換して感動しました。

 旧車の扱いに慣れていますと、ドアを外して取り付けるときは、
ボルトとヒンジの取り付け穴の遊びの範囲にて、微調整をしながら
閉まり具合を見て固定します。

 ところが、今回は驚きました!
その必要がなかったのです。ボルトに写真のように専用のテーパー
が付けてあり、ボルトを締め付けるとヒンジの穴と一致して
位置決めされる構造になっていました。

 車の組み立て工場では、ドアの取り付けは、最終に近い工程です。
ドアは別工場または、別会社にて組み上げて用意されます。
 それがコンベアによって、流れている車の近くに運ばれます。
もちろん、順番は予め決められ、色、ドア数、グレードに合った
ドアが間違いなく流れて来ます。

 車の組み立て精度と、ドアの精度が互いにでていないと
こんな方法は成り立ちません。
 改めて、トヨタの生産技術のすごさを実感しました。
こんなことにもこだわって、組み立て時間の短縮をしているのですね。

 P.S. スターレットは'99年に生産中止されています。
   組み立ては、豊田自動織機の長草工場にて行われていました。
   現在は、ヴィッツが後継車。
    トヨタから長草詣でと呼ばれるほど、生産技術力の高い工場です。
                    ドアヒンジ

別窓 | 修理 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
<<2025年の運転目標 | こだわりのススメ | 4弦ギターを発掘>>
この記事へのコメント
トヨタの勢いはスゴイですよね。
名古屋駅前も、以前にも増して賑やかになってるし、新しいビルにもトヨタ関連の人が増えたから、ランチ難民が増えたとか・・・?

聞いた話じゃ、地下を利用する人が多いので、名古屋では地上を歩く人が少ないってのはホント?そんなコトはないですよねぇ。

ウチのダンナは就職試験の一つに、マツダを受け見事に落ちましたが、今思うと、よかったのかもって思います(〃∇〃)エヘ
2007年06月29日(金) 21:55 | URL | ミーシャママ #-[ 内容変更]

 確かに、名古屋駅周辺は特に活気があり、それが周辺にも波及しています。
 名古屋の地下街は、地下鉄の駅とリンクしているところが多く買い物も便利です。
 場所によっては、地下の方が人が多いところもあります。モグラに影響されたのでしょうか。

 ロボットの仕事にて分かることですが、T社の品質は一番厳しいです。他メーカならOKでもT社の担当者はOKを出しません。
 レクサスの工場は、設備に対するお金のかけ方も違います。
 しかし、一部の上層部はGMのようにならないよう危惧しているようです。
2007年06月30日(土) 01:32 | URL | 管理人です #i/Urw1Fw[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。