カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
2000気圧の水圧を扱う
2007年05月02日(水) 18:52
 連休の谷間ですが、昨日は産業用ロボットの仕事にて、
ある自動車内装材メーカーに行っていました。

 ウォータージェットと呼ばれる、水の圧力を2000-3000気圧に高め
0.1mmほどのノズルから噴出させて切断します。

 このカッターをロボットアームの先端に取り付け、プログラムを組めば、
汎用的な切断機になります。
 粉塵をほとんど出さず、水の使用量も少なく、有害物質もない
地球環境にやさしいシステムです。

 切断したい経路のポイントを教え込み、移動順路と水の出し切りの
信号をプログラムして動かします。

 もし、プログラムを間違えて、ロボットどうしを衝突させたり、周辺機器に
当てて壊したら、冷や汗どころではありません。常に緊張感が伴います。
 
 それだけに、要求とおりの形状や品質をだして、お客さんに喜ばれたときの
達成感は、格別です。

 ロボット屋としては、ロボットの機能をフルに使って、いかに簡単に品質を
出すかにこだわっています。楽しい仕事です。

 P.S. 自動車メーカの組み立てライン内でのロボット作業は、○○ちびりそうな
   ほどしびれます。
    その分、身近な車が生まれてくるラインで、軽快に働くロボットを
   操る感動は大きいです。  
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<4杯のバケツの水で | こだわりのススメ | 2液を混ぜる接着剤>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。