カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
16F84の衝撃
2007年04月26日(木) 23:59
 '99年の5月、トランジスタ技術誌の特集記事にて
この PIC16F84 というワンチップマイコンが紹介されていました。

 それを初めて目にしたときの衝撃は、今でも覚えています。
18ピンのICチップ上に、コンピュータ制御に必要な機能が
すべて凝縮されていたのですから。

 驚きはそれだけではなく、メモリにフラッシュROMが使われ
実用上何度でも、プログラムの書き換えが数秒でできてしまうことでした。

 ROMの窓に紫外線を当て、メモリーの消去に1時間も費やしていた者にとっては
驚異でした。

 さっそく、紹介されていたプログラム書き込み器を作り、
パソコンにつないでマイコンに流し込みました。
 プログラムとおりLEDが光ったときの感動は、すごいものでした。

 昨日、CQ出版社から発売されました、電気小僧こだわりの雑誌
「エレキジャック」No.2に基板付きで紹介されています。感動が味わえます。

 P.S. 今でも、仕事やメカの制御、教育に便利に使っています。
   このクリスマスツリーは、ものつく教室で12月に作ったものです。 Tree_LED

 注.)フラッシュROMとは、保存されているデータが簡単に書き換えられ、
  電源が切れてもデータが消えないメモリのことです。
   最近では、デジカメのコンパクトフラッシュやスマートメディア、
  USBスティックメモリなどがそうです。
別窓 | たのしみ | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<73cmをキープ | こだわりのススメ | 29人の学生との勝負>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。