カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
18行の詩
2011年02月16日(水) 23:55
「自分の感受性ぐらい」という詩と出合ってガツンとやられました。
茨木のり子さんの詩集の中の有名な一編でした。
                              kotonoha_2.jpg
 18行の詩の中に、忘れていた、人間として必要な
「自分自身に水をやる」ということを、気付かせてくれました。

 残念ながら、作者の茨木さんのお姿を拝見することはできませんが、
さっそく「茨木のり子集 言の葉 2」という詩集を買って読みました。

 心に少し、水をやることができました。
好きなことにこだわって仕事をしていると、そこから十分に水が得られていたと
思っていましたが、違う水も必要であることが分かりました。

 P.S. 詩の最後はこんな締めくくり

   自分の感受性くらい
   自分で守れ
   ばかものよ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<8個のバッテリー | こだわりのススメ | 2010年11月号>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。