カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
2又のチェックバルブ
2009年08月26日(水) 23:55
 久々に156のマイナートラブルです。
ウィドウォッシャー液がでなくなりました。

 ポンプのモーターは回りますが、水が出てきません。
やっかいなのは、ワイパー連動機能があるため、水がでないのに
ワイパーが2~3回動いてしまうことです。

 どこかで詰まっているであろうと調べていくと、左右のノズルに
配管を分配するY字管が怪しいです。
                        チェックバルブ
 外して見ると、チェックバルブ(一方向にのみ流れる)が使われていました。
逆流を防いで、ノズルとバルブ間の水を保ち、スイッチONの瞬時に水を
出す目的と思われます。

 しかし順方向において、若干の抵抗になっていることも事実です。
こだわり小僧としては、純正は使わずに、逆にシンプルな
単なるT字分配管(ジャンク品)に交換しました。

 結果は、以前より勢いよく噴射してくれます。また、数週間経過しても
スイッチとほぼ同時に噴射します。

 P.S. 車の装備には大きなお世話的な機能も少なくないです。
   ワイパー連動ウォッシャーも、一見便利ですが、付けるならば
   水が出ない時は動かないインターロックを付けるべきです。
    リバースシフトに連動して、リアワイパーが動く機能はすばらしと
   思います。
別窓 | 修理 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<2Gで800円 | こだわりのススメ | 2年の歳月を奪ったものは?-EVミニの製作を振り返る>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。