カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
16%に低下
2007年12月20日(木) 20:56
 全大学生に占める工学部専攻者の割合です。
30年前には20%を超えていたことを考えると、やはり工学部離れは
進んでいます。

 どうも「自動車やロボットなどパッと見の良いものには飛びつくが...」
泥臭い分野は敬遠されるようです。

 先日、某大学の先生と話す機会がありましたが、「人気のあるロボット科を
新設したけど、思うように集まらない。逆にロボットというと、範囲が
絞られるので、他の科を選ぶようだ。」という状況も現れています。

 うーん、難しい問題ですね。

 自分などは、このメカトロニクス(機械と電気電子が合体した分野)全盛の時代、
ロボット工学を学ぶことは、自動車、家電製品、工作機械、生産設備など
すべてに繋がり、最高に有利であると思います。

 しかし、まずは、手を動かしてものつくりの楽しさを知ることが一番です。
そうすれば、学科の垣根も低くなって世界が広がります。

 P.S. 自分なら今でも、電気科を選ぶでしょう。当時からこだわりの
   電気小僧でしたから。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<2度めの精密検査行き | こだわりのススメ | 1時使用停止登録に>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。