カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
3相200Vのインバータ
2007年03月30日(金) 22:30
 念願の2柱リフトは設置できましたが、リフトを使うには
3相200Vの電源が必要です。しかし、自分の工場にはありません。
 
 どうするかーと、こだわりの汗を流していると、ピッピッときました。
自分のアンテナが反応しました。

 ヤフーオークションの中で合理的な使い方を提案されている方がみえました。
本来、インバータは、交流モータの回転を、周波数を変えて変速したいときに
使われます。

 リフトの場合は、その周波数を60Hz(関東は50Hz)にセットして使えばよいのです。
インバータの一次電源は、単相100V,200V,3相200Vに対応している機種が
いろいろあります。

 自分の場合は、入力が単相200V、出力が3相200V、電力(電流)はモータの出力から
30-50%くらい余裕をみた機種を選びます。

 リフトは期待とおりに動いてくれました。
はじめて、自分の車をリフトアップして作業した感動を、今でも思い出します。

 P.S. 車をいじりだして、最初に欲しくなる設備は、エアーコンプレッサでした。

 注.)インバータは、交流電源を一度、直流に変え、それを交流に変えるときに
  任意の周波数の交流に変換してくれる装置です。最大の特徴は、エネルギーの
  効率をほとんど落とさないで、回転を制御できることです。
   よって、今では、エアコンをはじめ多くの家電品にも使われています。

                   インバータ

別窓 | DIY | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<928とユーザ車検ツアー | こだわりのススメ | 2柱リフトの設置>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| こだわりのススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。