カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
1.6㎜を切って
2008年12月23日(火) 20:13
 156のタイヤの残り溝が1.6㎜を切って、内側は内部のスチールベルトが
一部出ているではありませんか。限界どころではありませんでした。
 
 人にはよく「タイヤは命を乗せている」などと公爵をたれていますが、
これで高速を移動していたなんて...汗をかきました。

 早速なじみのタイヤ屋さんへ行って注文しました。ダンロップがメインのお店で
何十年と付き合いのあるこだわりのタイヤ屋さんです。

 現状がBSのGグリッドⅡですから、ディレッツァといきたいところですが、
ちょっと冒険がしてみたくなりました。

 ファルケンのジークスZE912をチョイスしました。ファルケンと言えば
元、オーツタイヤというメーカのブランドで人気はいまひとつでしたが、
数年前、住友ゴムの傘下に入りました。よって、ダンロップと同じ系列にて
販売されています。

 こだわり小僧としては、ダンロップのタイヤに刻まれている
"SUMITOMO RUBBER"の文字をファルケンのタイヤにもしっかりと
見つけています。ということは、住友ゴム製(ダンロップ)ということだと思います。
                                         ZE_912.jpg

 P.S. 冒険と言うと格好は良いですが、実は粗大ゴミ扱いを受けている
   車のタイヤ、安さという誘惑に勝てませんでした。
    しかし、このタイヤ、期待以上の性能です!
スポンサーサイト
別窓 | くるま | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| こだわりのススメ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。