カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
8台の自転車
2007年08月31日(金) 23:55
 知らぬ間に自宅のガレージに存在していました。
これだけボロ自転車が集まると、次から次へと修理が必要です。

 今日も、2台、パンクを修理しました。
1台は、タイヤがすり減って交換し、もう1台はチューブが修正不能で
交換しました。

 近くにホームセンタがあるので、パーツ類は安く入手できるので助かります。
しかし、どれくらいの人が自分で修理しているのだろうか、と
考えることがあります。

 例えば今回、自転車屋さんに修理を持ち込むと、部品代を含めると4-5000円は
必要と思われます。
 ならば、もう4000円も出せば新しい自転車が買えてしまいます。
その自転車にこだわりがないならば、人は、新しい自転車を安売り店で買うでしょう。

 これでは、街の自転車屋さんはやって行けないでしょう。
街の電気屋さんがリフォームなどの工事や、取り付けサービスを取り入れないと厳しいことと同じなのでしょうか。

 良いものが安くていい時代ですが、手間暇かけて修理するより、新品を買った方が
安いという現実が、修理をしない人間を増やしていることも事実です。
 そして、ものつくりに興味を持たない子供が増える遠因にも...

 P.S. 家の子供は、自分が修理すると残念がります。
    「新しいテレビや自転車に買い替えたいのに、また使える」と。
    この悲しい現実をなんとかしていきたい!
スポンサーサイト
別窓 | 修理 | コメント:2 | トラックバック:0 | ↑top
| こだわりのススメ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。