カチカチ頭のおやじが日々遭遇するこだわりの記録です。 こだわるがゆえに、 いろいろな汗を流しますが、すべてが夢の実現につながっています。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
2000GT パーツ付きマガジンを買う
2012年01月26日(木) 23:55
 本屋さんでつい、買ってしまった、週間トヨタ2000GT。
1号はいつものように2号以降の1790円の半額以下。いつものパターン。
それにのっかる自分であった。
                            2000GT_Head.jpg
 付録には、シリンダヘッドとヘッドカバー、それとホイールがひとつ。
さらにDVDが1枚。なんとシリンダヘッドは、鋳造品というこだわりよう。

 65号で完結しますが、いつも買うのは1号だけです。
今回は、2000GT特製、オリジナルペーパーウェイトができました。
かなり気に入っています。

 P.S. 本物の2000GTは、市場では3000万円を超えていました!

 
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
8月号に掲載される!
2011年07月09日(土) 23:55
 雑誌「トランジスタ技術」の8月号に
私の電気自動車ミニの製作記事が、少しですが掲載されました!

 非常勤講師をしている大学での、一昨年前に受講してくれた学生が
声をかけてくれました。

 「この記事、先生が書かれました?」と、雑誌を持って来てくれました。
予期せぬことに、ちょっと戸惑いましたが、平静を繕って
「はい、書きました。よく見つけましたね」と答えました。
   うれしかったです。                      トランジスタ1108
 
 「こだわりとあそび心」も、雑誌のコラムを通してうったえる事もできました。
「設計にこだわり、あそび心をプラスすると、機能とオリジナリティが結びついて
大きな満足と感動が得られる」と...  

 P.S. 「トランジスタ技術」8月号、手前味噌ですが、くるま好きの電気小僧には
   たまらない内容です!
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
18行の詩
2011年02月16日(水) 23:55
「自分の感受性ぐらい」という詩と出合ってガツンとやられました。
茨木のり子さんの詩集の中の有名な一編でした。
                              kotonoha_2.jpg
 18行の詩の中に、忘れていた、人間として必要な
「自分自身に水をやる」ということを、気付かせてくれました。

 残念ながら、作者の茨木さんのお姿を拝見することはできませんが、
さっそく「茨木のり子集 言の葉 2」という詩集を買って読みました。

 心に少し、水をやることができました。
好きなことにこだわって仕事をしていると、そこから十分に水が得られていたと
思っていましたが、違う水も必要であることが分かりました。

 P.S. 詩の最後はこんな締めくくり

   自分の感受性くらい
   自分で守れ
   ばかものよ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
690円-創刊号特別価格
2008年11月03日(月) 23:55
 に釣られて、毎度おなじ実、我が家のみそ汁的な
ミニカー付き書籍を買ってしまいました。

 今回は、アシェット・コレクションズ・ジャパンという会社から
「日産名車」シリーズで発売です。

 1回目はフェアレディSR311型で、自分のお気に入りの車でもあります。
当時、最高速はトヨタ2000GTを凌ぎ、国産最速であったとか。

 米国で求められた高性能にこだわり、1500CCからスタートしたエンジンは
最終的に2000CCとなり、ソレックス2連装で遂に205km/hに到達。
 機会があれば運転したい車の1台です。

 P.S. 現在はもうVOL.3のスカイラインがでているかと思いますが、
   この手のシリーズはなぜか自然に熱が冷めていきます...
                    ミニカーSR311
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
2冊の本を買い込んで
2008年10月06日(月) 23:55
 飛行の原理を必死で学んでいるところです。
ものつくり教室にて約1年をかけて、すべて生徒の手でインドアプレーンを
作って来ました。(エレキジャックVol.3の製作記事にて)

 夏に体育館で、だらだら汗を流しながら飛行テストをしましたが、離陸はできても
すぐ失速し着地してしまうという結果に終わりました。(自分の製作機体も)

 本のとおりに作れば簡単に飛ぶだろうという認識は見事に覆りました。
やはりどんな世界も奥が深く、基本を理解していないと太刀打ちできません。

 そこで、「ライトプレーンを飛ばそう」日本放送出版協会(絶版)と
「紙ヒコーキで知る飛行の原理」講談社版の2冊を手に入れ、読みながら
トライ&エラーの繰り返しです。

 ものつくり教室の室長としても、こだわり小僧としても、威信にかけて
飛ぶまでやり続けます。

 P.S. 生徒に内緒で飛行テストをしようと大学の体育館に行きましたが、使用中で
   テストはできませんでした。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| こだわりのススメ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。